N-VAN 誕生

みんなのはたらく生活を、もっと便利に、もっと楽しく。 

新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」を7月13日に発売します。
 新型N-VANは、働く人々の生活を見つめ、さまざまな仕事での使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることを目指して開発されました。
 軽バンとしての機能性を追求した「G」「L」に加え、質感の高いインテリアや便利な装備、充実したカラーラインアップで個性を際立たせた「+STYLE」のタイプを設定。商用としてだけではなく、幅広い用途でお使いいただけます。
 「N-BOX(エヌボックス)」のプラットフォームを最大限に活用しながら、軽バンに求められる広い積載スペースと積載作業の効率性を追求したN-VANは、燃料タンクを前席の下に収めるHonda独創のセンタータンクレイアウト採用により荷室を低床化し、高さのある荷物の積載にも対応できる空間となっています。また、リアシートに加え、助手席にもダイブダウン機構を採用することで、助手席からリアシート、テールゲートまでフラットな空間を実現しました。さらに、軽バン初※1のセンターピラーレス仕様により、助手席側に大きな開口部を設定し、テールゲートと使い分けることで、さまざまなシーンで荷物の積載作業をさらに効率よく、スムーズに行うことを可能としました。

 長時間移動での快適性を追求したスムーズな加速や振動を抑えた乗り心地と、商用ユースに合わせて効率性を高めたエンジンと軽量化により、クラストップレベル※1の低燃費を両立。さらに、ドライバーズシートは長時間の運転と頻繁な乗り降りに配慮するため、腰へのサポート強化と乗用車同等サイズのシートフレームを採用。ドライバーへの身体への負担軽減に貢献します。

 さらに、Hondaの軽バンとしては初となる、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備※2しました。
 また、軽量かつ高強度な素材を各所に配置することで衝突安全性能に貢献するとともに、助手席ドアと左側スライドドアには、センターピラーの機能を内蔵したドアインピラー構造を採用し、ドアオープン時には、大口の開口部を実現しながらもドアクローズ時はピラー構造と同等の衝突安全性能を確保しています。

※1 軽貨物車において。Honda調べ(2018年7月現在)
※2 「Honda SENSING」を装備しない仕様もご用意しております(ターボ車を除く)。「誤発進抑制機能」「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」「LKAS<車線維持支援システム>」「後方誤発進抑制機能」は6MT車には装備されません。「オートハイビーム」はG・Honda SENSINGおよび L・Honda SENSINGには装備されません

詳しくは当店営業スタッフまでお問合せください。

N-VANの展示車がございます。くわしくは・・・

2018年07月12日